示談で困ったことがあればまずは無料相談で話を聞く

示談の成立というのはなかなかに難しいもので、双方の言い分が折り合わないと簡単には成立まで漕ぎ着けられません。例えば交通事故の被害者と加害者側の保険会社で行われる示談などは、怪我の治療費や慰謝料の金額でうまく示談が成立しないことも多いです。

 

示談が成立しなければいつまでも慰謝料が得られず、怪我の治療が長引いていると保険会社によっては示談成立まで治療費の支払いを打ち切るところもあります。つまり、示談が成立しないと被害者が損をすることもあるため、なるべくなら早めにスムーズに示談を成立させたいものです。

 

しかし、保険会社はお金をなるべく支払いたくないため、しっかりと請求をしたい被害者側とはぶつかり合う場合がほとんどです。保険会社が提示してくる示談内容では納得ができない場合が多いため、なかなかそう簡単には示談が成立できないというわけです。

 

そんなときには、交通事故の示談に強い弁護士を頼ってみると良いでしょう。弁護士に示談の依頼を行えば被害者側が有利な条件で示談の成立を目指してくれるので、怪我の治療費にしても慰謝料にしても損をすることがなくなります。

 

また、面倒な保険会社とのやり取りも不要で、間に弁護士が入ってくれるので法律面の話も過去の事例からの適切な慰謝料額の交渉も全て任せられます。

 

厄介な問題となる示談は、被害者側がしっかりと対応をしないと損をしてしまいます。得られる金額が少なくなるなど交通事故示談が成立しないと困るのは被害者と言われているので、困らないためにも損をしないためにも、交通事故の被害に遭ってしまったら弁護士に相談をするようにしてください。