デメリットがある支払えなくなった借金の債務整理

借金の支払いができなくなると様々な問題が生じてしまいます。そのままにしていても解決をすることはないので債務整理を用いて借金整理をするケースが多いですが、債務整理にもデメリットが存在しています。

 

デメリットがあるとは言っても借金を払わないまま放置をしているよりは軽いのですが、借金の返済が楽になる、しなくて良いなどのメリットばかりを見て債務整理を行ってしまうと後悔をする可能性があるので注意が必要です。

 

まず基本として、債務整理には様々な手続き内容があります。借金の返済自体を裁判所に免除してもらう自己破産、債権者との交渉によって支払う借金の額を減らし、さらに返済計画を債務者側がなるべく負担にならないようにする任意整理、借金の全額の返済は難しくてもマイホームを手放したくないなどの理由で自己破産ができない場合の個人再生など、色々とあります。

 

その他にも裁判所を使う手続きとなりますが、特定調停といった話し合いでの借金整理を行うものもあり、債務者の状況によってどの債務整理が適しているかを判断しなければなりません。

 

何れの債務整理にしても手続き中、交渉中は支払いが一時的にストップするために、長期の返済の滞納として扱われることになります。返済が滞納すれば信用情報機関にはネガティブな記録がされ、今後のクレジット審査では不利に働きます。

 

これが債務整理の大きなデメリットで、比較的手続きを進めやすいとする任意整理にも当然のごとく任意整理のデメリットが存在しています。良い点ばかりを見るのではなく、それぞれのデメリットについて知っておくことも必要なのです。