2016/09/22 12:42:22 |
借りすぎてしまって返済ができなくなった借金は、正規の消費者金融やクレジットカード、または銀行からの借り入れであれば債務整理によって解決が行えます。弁護士や借金総額によっては司法書士への依頼でスムーズな解決が可能で、支払いにおわれることなく借金整理ができます。依頼をするとなれば費用がかかりますが、それでもこれから先の利息の支払いがあったことを考えれば安いものです。債務整理を行えば支払いをする必要が無くなる自己破産ではなくても利息が免除されるケースがほとんどのため、借りたお金の支払いだけで済むためです。金利が高い借金であればあるほどに債務整理の効果が大きくなり、クレジットカードのキャッシングや消費...
2016/09/22 12:42:22 |
借金の支払いができなくなると様々な問題が生じてしまいます。そのままにしていても解決をすることはないので債務整理を用いて借金整理をするケースが多いですが、債務整理にもデメリットが存在しています。デメリットがあるとは言っても借金を払わないまま放置をしているよりは軽いのですが、借金の返済が楽になる、しなくて良いなどのメリットばかりを見て債務整理を行ってしまうと後悔をする可能性があるので注意が必要です。まず基本として、債務整理には様々な手続き内容があります。借金の返済自体を裁判所に免除してもらう自己破産、債権者との交渉によって支払う借金の額を減らし、さらに返済計画を債務者側がなるべく負担にならないよう...
2016/09/22 12:42:22 |
支払督促が届いた場合には、可能であればすぐにでも解決のために動くべきです。督促状とされる通知が届くとその後の手続きは強制執行による差し押さえとなる場合があり、毎月の給与から一定割合が強制的に徴収されてしまう可能性があります。差し押さえとなるとお金が強制的に取られるだけでなく、勤務先へも差し押さえがされていることが分かってしまうため、借金の支払督促であれば返済ができていない、行っていないことも分かってしまいます。借金返済ができていないと信用ができないとなり、会社での立場も悪くなる可能性があります。支払督促が届く段階というのはこういった状況もすぐ目の前まで来ているので、受け取ったらとにかく速めの行...
2016/09/22 12:42:22 |
正規の業者ではない闇金融でお金を借りてしまうと、違法な金利による異常な利息が取られることとなってしまいます。とても支払いができないような金額の請求がされるため、返済が滞納をしてしまって取り立てがされ、さらに遅れることによる厳しい取り立てといった悪い流れができてしまいます。闇金融の取り立ては正規業者のものとは大きく異なり、借りた本人だけでなく周りの方にも被害が及ぶのが特徴です。本来は保証人でもない家族や会社の方々への取り立てや言いふらしは貸金業法などで禁止されているのですが、元々が違法な貸付となっている闇金融はおかまいなしに取り立てを行ってきます。その結果、闇金融からの借り入れが周りにばれること...
2016/09/22 12:42:22 |
示談の成立というのはなかなかに難しいもので、双方の言い分が折り合わないと簡単には成立まで漕ぎ着けられません。例えば交通事故の被害者と加害者側の保険会社で行われる示談などは、怪我の治療費や慰謝料の金額でうまく示談が成立しないことも多いです。示談が成立しなければいつまでも慰謝料が得られず、怪我の治療が長引いていると保険会社によっては示談成立まで治療費の支払いを打ち切るところもあります。つまり、示談が成立しないと被害者が損をすることもあるため、なるべくなら早めにスムーズに示談を成立させたいものです。しかし、保険会社はお金をなるべく支払いたくないため、しっかりと請求をしたい被害者側とはぶつかり合う場合...